大平直昭後援会
検索オプション
 
新しいまちづくりのスタートライン!!
 
 
■ログイン  ■パスワード  ■新規登録  

メニュー

アクセスカウンター
today
yesterday
total
FROM 2004/5/28

大平直昭後援会
無題ドキュメント
観音寺市議会議員
さまざまな政策課題に真摯に取り組みます
●地域協働のまちづくり
市民との協働の推進(自治基本条例の制定)
●安心・安全、暮らしやすいまちづくり
地域防災力の向上(自主防災組織の活性化)、防災情報の充実(行政防災無線の整備)、ため池の地震対策(耐震化、ハザードマップ作成)、交通網の整備(デマンドタクシーの導入)
●健康福祉のまちづくり
地域医療の充実(医師・看護師の確保)、少子化対策(第3子以降の支援拡充)、子育て支援(保育サービスの拡充)、高齢者福祉の充実(介護施設の整備)
●生涯学習のまちづくり
教育環境の充実(学校施設の整備)
●快適環境のまちづくり
教育環境の充実(学校施設の整備)
●いきいき産業のまちづくり
農業振興(新規就農者支援、遊休農地解消)、商工業の振興(企業誘致)
大平直昭プロフィール
昭和36年9月24日生
昭和55年・観音寺第一高等学校 卒業
昭和59年・関東学院大学経済学部 卒業
平成15年・豊浜町議会議員 初当選
平成17年・観音寺市議会議員 当選
平成21年・観音寺市議会議員(二期目)当選
平成21年・三豊総合病院組合議会議長 就任
平成23年・観音寺市議会副議長 就任

2011年6月30日(木曜日)

[無題]

カテゴリー: - taihei @ 20時14分39秒

6月定例会(6/106/28)が終了しました。

議案としては補正予算と条例改正等でした。

一般質問では、東日本大震災を踏まえた、

防災に関するものが多くありました。

私も防災行政無線に関する質問を行いました。

現在、観音寺市はアナログ無線(屋外スピーカー)、オフトーク通信等

地域によって情報伝達方法はまちまちで、それぞれ課題があります。

それらを是正するため、

今年度よりデジタル防災行政無線の整備に向けた調査を開始します。

無線がデジタル化されると、

ラジオのような個別受信機が利用できるようになり、

各家庭で防災情報、行政情報を聞くことができます。

既に整備をしている、隣の三豊市では各家庭に無料配布(24000個)しています。

 

個別受信機

本市もデジタル防災行政無線を整備するなら、

個別受信機を各戸に無料配布するべきかと考えますし

また、いくつかの自治体で導入されている

FM放送を使用したシステムも今一度検討するべきかと思います。

先進地のいろんなシステムを比較し、本市にとってベストな選択になるよう

当局といっしょに取り組みたいと考えています。


19 queries. 0.050 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ブログ カテゴリ一覧

ブログ 検索

ミニカレンダー
前月2018年 9月翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
<今日>

今日の予定
予定なし

ブログ カレンダー
2011年 6月
« 5月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログ 最近の投稿

ブログ 月別過去ログ

ブログ Link

大平直昭後援会
Copyright(c)2005 All rights reserved.