大平直昭後援会
検索オプション
 
新しいまちづくりのスタートライン!!
 
 
■ログイン  ■パスワード  ■新規登録  

メニュー

アクセスカウンター
today
yesterday
total
FROM 2004/5/28

大平直昭後援会
無題ドキュメント
観音寺市議会議員
さまざまな政策課題に真摯に取り組みます
●地域協働のまちづくり
市民との協働の推進(自治基本条例の制定)
●安心・安全、暮らしやすいまちづくり
地域防災力の向上(自主防災組織の活性化)、防災情報の充実(行政防災無線の整備)、ため池の地震対策(耐震化、ハザードマップ作成)、交通網の整備(デマンドタクシーの導入)
●健康福祉のまちづくり
地域医療の充実(医師・看護師の確保)、少子化対策(第3子以降の支援拡充)、子育て支援(保育サービスの拡充)、高齢者福祉の充実(介護施設の整備)
●生涯学習のまちづくり
教育環境の充実(学校施設の整備)
●快適環境のまちづくり
教育環境の充実(学校施設の整備)
●いきいき産業のまちづくり
農業振興(新規就農者支援、遊休農地解消)、商工業の振興(企業誘致)
大平直昭プロフィール
昭和36年9月24日生
昭和55年・観音寺第一高等学校 卒業
昭和59年・関東学院大学経済学部 卒業
平成15年・豊浜町議会議員 初当選
平成17年・観音寺市議会議員 当選
平成21年・観音寺市議会議員(二期目)当選
平成21年・三豊総合病院組合議会議長 就任
平成23年・観音寺市議会副議長 就任

2011年9月29日(木曜日)

[無題]

カテゴリー: - taihei @ 10時04分52秒

9月定例会が閉会しました。

今定例会において、建設経済委員長である私が提出者の

議提議案「競輪事業の本場開催からの撤退を求める決議案」が

賛成多数で可決しました。

本市の競輪事業は、

開催日数の削減、交付金延納等の

5ヶ年の収支改善計画(0711年度)中で

一時6億円以上あった累積赤字は解消、

基金(貯金)も3億数千万円積むことができましたが

終了後の次年度以降は、恐らく厳しい状況に逆戻りします。

今年度でやめれば、負債はほぼゼロで済みますので

次年度からの本場開催の撤退と、議会として求めました。

ただ、メインスタンド等施設の解体には多額の費用がかかりますので

それを捻出するために、またファンの皆さんのためにも

専用場外車券場など施設の有効活用を併せて求めております。

 

旧観音寺市時代は、市財政を潤してきた競輪ですが

景気低迷や娯楽の多様化で、以前のような売り上げは到底見込めません。

今が決断の時であります。


2011年9月9日(金曜日)

[無題]

カテゴリー: - taihei @ 19時48分27秒

9月定例会の会期中です。

今定例会は、主には平成22年度の決算認定の議会です。

そして決算についても、議員全員で審査すべく

「決算審査特別委員会」が設置されました。

4日間じっくりやりたいと思います。

それと、厳しい経営状態が続いている競輪事業について

議会として、何らかの結論を出さなければならない議会でもあります。

またご報告いたします。


17 queries. 0.090 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ブログ カテゴリ一覧

ブログ 検索

ミニカレンダー
前月2018年 1月翌月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<今日>

今日の予定
予定なし

ブログ カレンダー
2011年 9月
« 8月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ブログ 最近の投稿

ブログ 月別過去ログ

ブログ Link

大平直昭後援会
Copyright(c)2005 All rights reserved.